トップ > > 環境パイル工法

製品分類:エコプロダクツ(土木・建築関係)


環境パイル工法

間伐材を使った独自の住宅向け地盤改良技術

事業者情報:

事業者名:兼松日産農林株式会社
住所:〒102-0083
    東京都千代田区麹町3丁目2番地 麹町共同ビル
tel :
fax :
E-mail :
URL :http://www.knn.co.jp/index.html

カテゴリ:

C5 使用
C1 資源採取
B3 省資源
A4 廃棄物
A1 地球温暖化

【製品詳細】

・間伐材の表皮をむき、直径が同じになるよう加工。その後、殺菌力のある特殊な薬剤を木材の内部にまで浸透させ、木材腐朽菌や白アリの発生などを防ぐ
・地盤によっても異なるが、敷地面積約100平方メートルの戸建て住宅1棟につき木材を約40本使い、価格は70万円以下。セメントを使う場合と価格は変わらないほか、鋼材を使う場合に比べて半減できる
・セメントや鋼材の場合、製造段階で1棟分につき8トンほどのCO2を排出する。間伐材を利用する同法の場合は、樹木の成長に伴い約1トンのCO2を吸収する

出典:2010/11/04 日経産業新聞
   2011/02/13 http://www.shopbiz.jp/ac/news/68968.html
          http://www.dksiken.co.jp/kankyopail.html
企業回答:

【この製品情報を参照した人が参照した製品】

先頭へ